· 

キッズのマインドフルネスっぷりに脱帽!

昨日、18時からの教室で小学生~中学生のキッズ達5人が気功体験教室に来てくれました。

子供たちの親御さん達、大人4人と一緒にやりました。

 

もうね、子供はすごい!

言葉での説明なんてしなくても、感じることを感じたままに感じてくれるので、ああしろ、こうしろなんて言わなくてもマインドフルネス状態になれるので、すごーく上手に気功ができていました。

 

気功の動作はとてもシンプルで単純で誰にでも出来るのですが、大切なのは動作よりも意識なんです。

気功はまさに!絶賛大流行中(笑)のマインド(心を)フルネス(いっぱいにする)なんです。

ヨガや座禅や瞑想もマインドフルネスです。一心にお風呂掃除している時もマインドフルネスってる状態です(笑)

お風呂掃除しながら夕飯のことを考えてしまってはマインドフルネスってない状態ですが。。。

要は、過去や未来に意識(心)を向けるのではなく、“今この瞬間”の自分に意識を向けると、心が満たされマインドフルネス状態になります。

マインドフルネスを実践すると、自律神経を整えてストレスを軽減したり、脳(海馬っていうところ)が活性化して記憶力や発想力が高くなるなどの効果が色々な大学や研究機関で証明され始めています。

アップルの創業者のジョブズさんは毎日30分座禅をしてマインドフルネスを実践していたそうです。

 

そして、気功でマインドフルネスを実践する時に大切なのが動作をゆーっくりすることなんです。「ゆーっくりだよー」って言ってるのに、大人はついつい早く動かしてしまうのですが、子供は、ゆーっくり大事に大事に動かします。しかも、ゆるめながら。本当に上手!体をゆーっくり動かすと、動かす体のパーツ(手や足)の隅々まで意識が向きます。そうすると、どうしたって大事に扱うことになります。ためしに、足をあげて、ゆーっくりつま先→足の裏→かかとの順で置いてみて下さい。こんなに自分足を大切に扱ったことないんじゃないか?くらいな感じがすると思います。

 

気功は心と体に意識を向けることで、自分で自分を大切に扱う感覚を味わえます。それが自分で自分の心と体を調えることにつながります。

 

最初は緊張していた子供達でしたが、気功の後、みんな穏やかーな優しい表情をしていました。そして、にっこり「ありがとうございました」と私の目をまっすぐ見て言ってくれて、もう、またもやウルウルですよ。嬉しくて、幸せで。

後で参加したお母さんから「子供たちが、『とても気持ち良かったぁ~。また行きたーい』と話していました。」と報告をしていただき、ウルウルどころではなく、号泣です!(笑)

 

私もまだまだ雑念天国ですが、子供達から今の自分を大切にすることを身をもって教えてもらえたので、また精進したいと思っています。

参加してくれた子供達、親御さん達に、心から感謝!です。