調えると整える

気功は体と心を「調え」ます。
私は気功を続けて7年になりますがこの7年で「喘息、アトピー、眠剤」の3つの薬を手放せました。では、持病が治ったのか?毎日良眠できているのか?というとそうではありません。

 

症状は以前より軽くなりましたが、気功をしていると自分の体の調子が分かるようになるのである程度コントロールできます。

自分の体で起こっていることを観察できるようになるので、体の状態を冷静に判断でき、その時に合った気功法を自分で選んで出来ます。咳喘息の症状が出た時は呼吸器系に効く気功法をすれば和らぐことを知っているので体もきちんと和らいでくれます(笑)

そして眠れないことがストレスだった頃「眠れない」という事実に苦しんでいましたが、今は気功をすると眠れるので、眠れない夜があっても、「明日は眠れるから、ま、いっか」と思えます。そして眠れなくても翌日気功をするとスッキリするので、やりたいことがちゃんとやれる!ので眠れないことに苦しまずに済んでいます。


整えるは乱れた事をきちんとする、なんとなく西洋医学っぽい。調えるは程よい加減にする希望の状態にすること。

 

セルフケアには調えるが合っている!