応援でおジン力UP!?

 

誰かを心配してますか?

 

自分のことは心配ですか?

 

思い切って「心配」を手放して「応援」しませんか?
「応援」すると自分も相手も元気になりますよ!特に腎臓が!

 

腎臓は体の不要なものを出してくれる、デトックス部長!デトックス部長が不調だと、むくんだり、だるくなったりしちゃいます。。。 なので、デトックス部長の腎臓にイキイキ!しててもらうためにも、誰かを!自分を!応援しよー!!

 

え?なんで?応援すると腎臓にイイの?って思いますよねー。

 

気功の中に、指を回して内臓の気を養うという功法があります。
東洋医学では、足裏や舌、手の細かい場所と内臓が気の流れ道で繋がっているという考え方があります。舌を診て、内臓の状態を診断したり、足裏や手、耳などから内臓にアプローチする治療法などがあります。手の小指は腎臓に対応してます。

 

腎臓は「恐れ」の臓器です。
不安になったり、心配したりすると腎臓の気を消耗しちゃいます。
緊張したり、ビビったりすると、オシッコ漏れそうになる!のはそーゆーことですね。

 

心配する事も、時には必要なこと。
だけど、過ぎると相手も自分も疲れちゃいます。心配ばかりしている人の近くにいたり「どう?」「大丈夫?」と挨拶代わりに言われると、心配してもらってるのに、なんだか逆に気を遣いませんか? 自分に対してもそーです。だから!思い切って「心配」から「応援」にシフトチェンジしてみませんかー?

 

その心配事が自分ではどーにもならない事だったり、心配してる相手がそれなりに頑張ってたり、対応していたりしていたら、ジタバタ心配するより、相手を信じて応援してあげた方が自分も相手も楽チンだし、なんか、一緒に前を向いている感じで、いい感じ。


応援は「大丈夫?」じゃなくて「大丈夫!」。そして「頑張って!」にプラスして「うまくいくように祈ってる!」「見守ってる!」「何かあったら、いつでも話し聴くよ!」という気持ちがモレなくついて来ます。
ねー、いい感じ♪

  

心配を手放して、応援することで、お“腎”力UPに繋がります!

気功で更にデトックス部長の気を養う事もできますよ!

ちなみにですけど。アハ。(^_-)-☆

 

先日、大事な大事なとっても大事な親友が、癌になったことを話してくれました。彼女は明るく前向きに話してくれたのに、私が大号泣してしまいました。涙を拭いたあとは、決めました。彼女を精一杯応援しよう!と。私を信頼して話してくれた事に心から感謝をして、これから彼女の選択を応援し、治療を応援し、病気の向き合い方を応援しよう!と決めました!彼女が必要な時に、私が出来ることを精一杯やろう!と、決めちゃいました!

 

相手を信頼して、自分に覚悟を決めて、応援しよう!

えいえいおー!