そうだったのか!

 

先月くらいから映画やテレビ番組の再放送を良くやってますね。私、特に映画は悲しいのは本当に悲しくなるのであまり観ないのですが、うっかり観ちゃったんです。

 

「南極物語」

 

もう、ウルウルするどころの話しじゃない!涙がジャブジャブ出てきて、ヒックヒック嗚咽までしちゃって、大変でした。

 

 

つい最近、その「南極物語」を観た時の百倍くらい泣いてしまい、東洋医学でいうところの“悲しみ”の臓器である肺がダメージを受けて、息苦しくなっちゃって大変でした。

 

今は大復活!!なので心配ご無用です♪

 

それが、なんでこんなにも悲しいのか?理由がハッキリ分からなかったのですが、大号泣から2日後に突然ヒラメいて、分かっちゃったんです!

その理由が!

 

 

 

 

 

まーるは緊急な事態だよ宣言が群馬県も対象になる直前まで、スタジオで気功のレッスンを続けていました。

 

春だからか?ほぼ毎日体験レッスンをやってた昨年のこの時期に比べれば、今年は体験ゼロだし通常レッスンも激減してましたが、例え、生徒さんが一人だけになったとしても、やろー!と思ってやっていました。しかも、ただやるんじゃなくて、その都度、その都度、「こーしちゃいけない!これはやって!」と言われていることは全て守りながら、気を付けながらやってました。

 

だって、それでもやった方がいいもん。気功。

それでも自分のココロとカラダを自分で調えて、満たして、自分で自分の命を養う時間があった方が、絶対にいい!って私は信じているし今でもそう思ってる。

 

無くても生きていけるけど、あったら自分も周りも豊かに健やかにしてくれる。気功もそのひとつ。そんな気功を少しでも多くの人に広めたい、多くの人を気功で豊かに、健やかにしたい、と思ってまーるを始めました。でも、緊急な事態になってしまった今、それは「不要不急」なのか。。。。?

 

公式なHPとかで見られるお休みリストに気功スタジオは入っていません。じゃー、やれるんじゃない?っていう図太い私もいないわけじゃないけど、偉い人達や報道が感情論で求めている「どうしても必要なこと以外はお家にいて下さい。それって本当に必要ですか?」という判断を私達の良識に委ねている現実、その同調圧力は私だけでなく生徒さん達も受けているはずです。だから、宣言が出た翌日、

 

スタジオをお休みにしました。

 

 

お休みにしなくちゃ、そうだ、お休みだ。と決めて、で、最初、何するんだっけ?って思った瞬間、何にもできずに、ただ、涙が止まらなくなりました。スマホ片手にPC開いてみたものの、とめどもなく流れてくる涙でまともに文字が打てず・・・。

 

なんとか、予約が入っている生徒さん達にお休みの連絡をしました。連絡しながら、誰か私の心臓掴んでる?っていうくらい、胸が苦しくて、痛くて、息は苦しくて、相変わらず涙は止まらず、でした。

 

何がそんなに辛いのか?苦しいのか?自分に問いかけてたのですが、ピンとくる答えが分からず、それからずっと、心臓を鷲づかみにされながら、メソメソ過ごしていました。

 

 

お金のこと?

いや、違う。全く違うわけじゃないけど、それでこんな気持ちにはならない。

 

今後のことを心配して?

うーん、それもちょっと違ってる。

 

何がそんなに苦しくて、悲しくて、虚しいのか。。。

まーるお休みを決めてからずーっと悶々としてて、2日目の夜中に、あ!そうだったのか!と気がつきました!

 

 

どんなことがあったって、気功はやった方がいいに決まってる。マスクをしながらだって、広いスタジオで2人だけでやるとしたって、寒い中窓を開けてやったって、気功はやったほうがいい!って思ってる自分が、自分の大切に思っている気功を「不要不急」のカテゴリーに入れなくちゃいけなくなったことが、苦しくて、悲しくて虚しかったんだ!って気がつきました。そしてそのことを生徒さんに伝える時、どんなに私の想いや気持ちを言葉にしたって、結局「今、気功のレッスンは不要だし不急なのでお休みします。」ということに変わりはなくて、そのことが私の心臓をギュッと掴んでいました。

 

 

今年の1月に不覚にもインフルに罹って一週間お休みした時は「キャンセル」連絡しながら、「申し訳ない!いつかこの借りは百倍返しでキッチリ恩返しいたします。」と、高熱の中で誓ってました。でも今回は、いつ恩返しできるんだ・・・?できるのか・・・?はっきり誓えないのに、自分は必要だと思っていることを不要にして、せっかく楽しみに予約してくれてた生徒さんにお休みの連絡をしなくちゃいけないことにも、かなり自分を苦しめていたことに気がつきました。


自分の感情とその理由に気がついたらホッとして、また、わーんわーんと大声で泣いたら、とっても楽になりました。

 

そして、この苦しい気持ちや悲しい気持ち、虚しい気持ちを大切にしながら、前を向こう!と思えました。

 

 

スタジオはお休みだけど、お休み中もスタジオの「気」をととのえるために、窓を開け、ピッカピカにしてますよ~♪

 

 

 

情緒を揺らされて、怒ったり、泣いたり、落ち込んだりして、辛い時。自分の感情やその理由に気がつくってとっても大事だな、と思いました。

 

悲しいの?

 

苦しいの?

 

虚しいの?

 

怖いの?

 

憎たらしいの?

 

それは、どうして?

 

私は苦しくて、悲しくて、虚しかった。

それは、自分が大切にしていることを大切じゃないことだって自分で決めなくちゃいけなかったから。

 

そして、自分の感情やその理由が分かったら、許そう!ぜーんぶ許す。まず最初に自分を許す。どんな感情が浮かんだ自分でもOKを出してあげる。自分は自分の応援団長だから!(前ここに書いたよ!)

 

責めるのは簡単。怒りの感情にただ任せればいいだけだから。でも、許せば自分の気持ちが整う。誰のためでもない、自分の大切な心のために、許そう!

 

自分の感情に気づいて、理由が分かったら、許そう!自分や誰かを責めて傷つける前に許そう!

 

だから私は、スタジオを休みにした私も、そのことで苦しんだ私も、大泣きした私も、風潮を恨んだ私も、こんな事態になったことも、ぜーんぶ許すことにしました。

 

あ~、気持ちが楽になった。

 

 

話しは変わりますが、まーるで気功を体験した時から、気功をとっても気に入ってくれた生徒さんが、まーるに通ってすぐに、欲しいと思っていた赤ちゃんを妊娠しました。そしてこの間、待望の赤ちゃんとご対面!!生まれたての気功babyがこちら♪

 

 

 

この愛おしく可愛い赤ちゃんのママは、この子が生まれる直前までスタジオで気功をしていました。妊娠中もしんどい時、辛い時、生活の中にうまく気功を取り入れて、豊かな心で健やかな体で新しい命を繋ぎました。

 

気功ってやっぱり素晴らしい!

 

ということで、スタジオはお休みになりますが、オンラインレッスンやレッスン動画の配信はやってます!(詳細はこちらから)

 

そうだったのか!

私、宣伝したかったのか?!(笑)

 

 

いやいや、いつでも気持ちよく生徒さんをお迎えできるように、スタジオの気を調え、ピカッピカにしておきますからね~!!

 

みんな、スタジオに来られるよーになったら、ちゃんと帰って来てね。

 

極寒の中、ひたすら待ち続けたタローとジローのように、私、待ってるから~(泣)

そして、スタジオで私に再会したら「タロー!ジロー!」って叫んだ高倉健のように、「センセー!」って叫んで抱きしめてね(笑)

 

 

おしまい。